読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在地

滑空する日々

元印刷会社勤務の僕が投票用紙に使われている紙について愛を語る

f:id:qusabi:20160710001411j:plain

本日は参議院議員選挙の投票日ですね。

休日出不精な僕は、期日前投票で投票をしました。

法律が変わって今回の選挙からは、18歳から投票可能ということで、街中には「18歳から投票!」というポスターが溢れていますねぇ。なぜウルトラマン…。ジュワッチ→ジュウハチってダジャレかよ!!!

 

 

今回は政治の話でもなんでもなくて、投票用紙に使われている紙について、元印刷会社勤務で様々な紙を見てきた僕が愛を語ってみる。

投票用紙の紙って面白い

投票に行ったことがある人は、投票用紙に使われている紙の面白さに気がついたことがあるのではないだろうか?

不自然なまでに白く、不自然な手触り。

どこかプラスティックを感じさせる弾力性。

「投票用紙に使われる紙は、折って投票箱に投函した際に中で開く紙が使われている」

という豆知識は多くの人が知っているのではないだろうか?

開票作業をスムーズにするために、折っても開きやすい「YUPO(ユポ)」という合成紙が使われている。

鉛筆で書いた時の柔らかで、滑らかな書き心地と、凄まじいスピードで鉛筆の芯を削るあの紙だ。

出会う

僕が印刷会社勤務時代にこの紙に出会ったのは某水産会社と仕事をした時だった。

新規のお客様で、これまで使用していた紙と同じ紙を使って発泡スチロールに入れる説明書きを作って欲しいと依頼された。見本としてお預かりした紙が何なのかよくわかっていなかった僕は会社に持ち帰り、各社の膨大な数の紙の見本帳から同じ紙を探しだした。

余談だが、多くの印刷会社では未だにアナログな作業が多いし、珍しい紙は印刷会社に勤務していたってよくわからない。

ユポ・コーポレーションの「YUPO」

ユポ・コーポレーションというところから出ている「YUPO」という紙は合成紙というジャンルに属する紙だ。

合成紙とは、合成樹脂(プラスティックなど)が主な材料として使われている紙。そのため、すごく白いし、薄くても弾性の高い紙になる。また、発色もよく、特に黒の発色は美しい。これにPP加工やラミネート加工を施すことで更に耐久性も高まる紙に変身するすげぇやつ。

こんな紙あんのか!!

と1年目の僕は大層驚いたもんだ。

印刷会社的には結構常識な紙で、屋外イベントの紙看板として使ったり、ダイバーがメモ書きする紙に使われていたりする。

投票用紙だけでなく選挙とは密接な関係がある

また、選挙のポスターなんかもこの紙が使われることが多い。屋外に約2週間ほど貼られるため、雨は降るし、雪だって降るかもしれない。けれど記憶を探ってみても、水に濡れてふにゃふにゃになったポスターをあまり見た記憶はなかった。

その大きな理由は、この紙が使われているからだったりする。

一昔前は、木製の選挙用看板にローラーで糊を塗って、そこにポスターを貼付していたらしいが、最近は裏地がシールになっているユポ紙を使う場合が結構多い。

先に書いたように色の発色が綺麗だから選挙用ポスターになったのは、色の観点からも必然だと思う。やっぱ選挙に顔は大事だしね。

もちろん全員がこの紙を使っているわけではない。去年?かな、統一地方選の時に何名かポスターを作らせていただいたんだけれど、ほとんどがシールになっているユポを希望したけれど、何人かは普通のコート紙を使った。

田舎だと枚数も多くないからポスターにそこまでコストをかける必要が無いためだ。

ということからわかるようにユポ自体は高価な紙だったりする。

似たような紙として、王子エフテックスから出ている「レインガード」という紙がある。こちらも水濡れに強く、耐久性が高いため最近ではユポに並んでポスターに使われている。

価格が高いのが難点なんだよなぁ

これだけ便利な紙なんだから、なんでもかんでもユポにすりゃええやんけと思うんだけれど、如何せん価格が高い。

Amazonでの比較になるけれど、通常のA4コピー用紙が500枚で613円なんだけれど、ユポは10枚で1100円!

何倍だよ!?ってくらい高い。

もちろんこれは販売価格だから、印刷会社の原価はもっと安い。

にしてもこれだけ価格差があるということをご理解いただけると思う。

これだけ高級な紙に、政党名や候補者名、さらには折ったり曲げたり、投函したりなんて結構選挙にはコストがかかっているのがわかりますな。

ちなみにAmazonで買うこともできる。まあほとんどの人は買っても使い道はないだろうけれど…。

5枚入りの少ないのを買って、投票用紙のあの感じを味わうもよし、お店を経営されている方は屋外向けのポップとして使うもよし中身でございます。

合成紙 ユポ紙 約0.25mm/枚 A4 5枚

合成紙 ユポ紙 約0.25mm/枚 A4 5枚

 

 

さらにどうでもいい豆知識:どこで印刷している?

北海道の場合は、だいたい凸版印刷で印刷しているよう。

フリーの時に何度かお仕事をいただいたりして、お付き合いのあった日本でも有数の印刷会社である凸版印刷さん。

社名に印刷とはあるものの、事業は多岐にわたっているすげぇ会社

社内に入ると印刷博物館かよ!?ってくらいに素晴らしい商品の数々が展示されている。毎年選挙戦の時期になると、おそらく琴似の凸版印刷の工場から投票用紙が出荷されていく様子がニュースで流れる。そのたびにすげぇ会社だなぁと感心しちゃいます。

 

ということで今回は選挙にまつわる投票用紙に使われている紙というニッチな話。