読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在地

滑空する日々

iPhoneSEを愛用し始めて1ヶ月。やっぱりスマホはこうでなくちゃいかん

f:id:qusabi:20160711154627j:plain

iPhoneSEの在庫薄状況は比較的解消されてきたのかな?

僕が注文した頃は手元に届くまでに2~3週間かかった。

長く待たされたiPhoneSEだが、SIMカードを差し替えて(SIMフリー版を購入)使いはじめると

「スマホはこうでなくちゃいかん!」

と思う場面が頻発したのでここに記す。

 

外観やスペックについてはたくさんのブログやニュースサイトに書かれていたので、僕はこんな人は買うといいよ!という視点で話をしてみる。

 

スマートフォンというからには大きさもスマートでなくちゃいかん!

かなり手が小さい私。

男性と比較するとその小ささは一目瞭然なんだけれど、なんなら女性よりも小さいことがあったりする。

指も細い。かと言って繊細な雰囲気はない指。

指の話はどうでもいいですね…。

これまでiPhone3GS→iPhone4→iPhone5→iPhone6→XperiaZ5→iPhone6とスマートフォン生活のほとんどをiPhoneで過ごしてきた。

どんどん巨大化するiPhone…。

でも見た目の話だけをするとiPhone5の真っ黒なボディが好きだったなぁ…。

 

話を戻してiPhoneSEについて。

XperiaZ5を使っていた僕だけれど、そのあまりの大きさに相当辟易していた。

「なんやこれ…片手で使われへんやん…」

仕方なくiPhone6に戻してみたけれど、結局片手で満足に使える大きさではない。

左手で使うことが多い僕は、画面の右上が非常に届きづらいのだ。

iPhone5まで感じたことのなかったストレスは、ここにきて高まってきた。

そんな折、iPhoneSEが発売されるという情報がAppleからもたらされた。迷わず飛びつこう!と思っては見たものの、正直iPhone6の画面の大きさに慣れきっていたこともあり、今更iPhone5と同じ大きさの画面に耐えられるのか?というのが疑問だった。

確かに操作性ではiPhoneSEのほうが上だろう。しかし画面上に表示される情報量の多さはiPhone6の圧勝といえる。

だからこそ、画面上の情報量が減ることに大層な不安を抱いており、なかなか購入に踏み切れなかったのだ。

iPhoneSE 16GB 購入を決断

正直64GBがコスパがいいだとかいう記事を結構見るんだけれど、音楽も入れないし、ゲームもやらない僕からすると16GBでも持て余している。

だから僕は16GBを買った。お値段5万円強くらい。昨今のスマートフォンの価格から考えるとすげぇ安い。

購入先はAppleの公式サイトから。どうせ買うんだからSIMフリー版がよかったしね。

www.apple.com

注文すると発送日数なんかが出るんだけれど、2~3週間待ちとのことだった。5月下旬でこの混雑具合だから結構人気なのか、生産を制限しているのかのどちらかだろう。

実際には2週間ギリギリ弱くらいで届いた。

開封の儀的なのは恥ずかしいから写真すら撮っていないのでいきなり外観をどうぞ。

f:id:qusabi:20160711154627j:plain

f:id:qusabi:20160711154628j:plain

こんなん見せられたってねぇ…笑

びっくりするくらい違いがわからん!エッジの処理が違ったりするらしいんだけれど、正直そんなんどうでもいいよね。

どうしても見せびらかしたい人はピンクを買おう。iPhone5Sにはなかった色だから、ひと目でiPhoneSEだとわかる。おすすめ。

 

使ってみてどうだったのか

まずはこちらを御覧ください。

 

f:id:qusabi:20160711155333j:plain

画面が小さくなることで、1画面あたりの情報量が減るんじゃないか?と不安に思ったiPhoneSEだが、僕の主観としては「そんなに変わんねぇ」という感じ。

というのも、一昔前ならまだしもホームページもスマートフォン向けにかなり改良を加えられており、スマートフォンに最適化されたデザインのサイトがかなり増えた。

だからこそ、大画面で見る必要性が薄くなってきているのだ。

 

見比べてみても、本当に大画面が必要なんか?って思う。

もちろんゲームをする人や動画を楽しんだりする人、またパソコンを持っていない人なんかは大画面のスマホはすごく便利だから良いと思う。

だけど、僕みたいにPCもスマホも持っている人で、外出先でニュース見たりするくらいしかスマホ使っていない人なんかはiPhoneSEのサイズ感は抜群だと思う。

 

店頭でも実機を展示していたりするので、一度手にとってそのサイズ感のちょうど良さを体感してほしい。